ゲシュタルトセラピーは、場の理論、現象学、実存主義、そして対話をベースとした心理療法です。精神分析医フリッツ・パールズとその妻ローラ・パールズ、精神分析家のポール・グッドマンによって創始され、1950-60年代のアメリカを中心に大きな広がりを見せました。その後、ローラをはじめ多くの人達の貢献によってゲシュタルトセラピーは進化を遂げました。

このグループは、新しいゲシュタルトアプローチを学ぶ人々のネットワークです。

re:Connect とは、対話を通じて自分自身や他者とのつながりを取り戻す実践。心理療法から始まったゲシュタルトアプローチを、セラピーだけではなく、教育、ビジネス、社会、医療、文化など、幅広い分野に応用する可能性を模索していきます。